1. HOME
  2. ブログ
  3. 山田 歩先生(保育士3年目昨年度年少組担任)~こどもたちの初めてを一緒に共有して こどもの笑顔にやりがいを感じます~

山田 歩先生(保育士3年目昨年度年少組担任)~こどもたちの初めてを一緒に共有して こどもの笑顔にやりがいを感じます~

保育士という仕事の素晴らしさや魅力を、いろいろな方にお伝えしたい!!

そんな思いから、ふじおか幼稚園で働いている先生たちにインタビューしました♪

楽しい話や深い話、面白エピソードなど・・・。

日々、こどもと関わっている先生だからこそのお話をインタビュー形式で紹介します!

今回はふじおか幼稚園で昨年度年少担任(ぶどう組)をしていた山田 歩先生にインタビューしました!

保育士・幼稚園教諭になりたいと思った理由

まずは昨年度はお世話になりました。息子がクラスでお世話になりまして・・・。もう少し早くインタビューしたかったのですが、年少が終わったタイミングでの方が話しやすいかなと思いまして・・・。

山田先生が保育士・幼稚園教諭になりたいと思った理由はなんですか?

最初は違う職業に興味があったのですが、中学生の時に職場体験があり、自分の母園に行かせていただいてすごく楽しかったんです!
小さい頃からピアノを習っていたこともあり、自分の特技を活かせる職業でもあるかなと思い、なりたいと思うようになりました!

中学生の時に思ってからは変わらずですか?

そうですね!そこからは思いは変わらずですね!!

ふじおか幼稚園に勤めるきっかけはなんだったんですか?

養成校で勉強していく中で、施設などにも興味を持ちました。迷っている時に学校の先生に相談してみたらふじおか幼稚園を勧めていただいて、実際に見学させていただいてこどもたちの姿に驚かされたり、すごいなって思いました。
こどもたちの成長の手助けが少しでもできたらいいなという思いでふじおか幼稚園に就職したいって思いました!

担任をしていた(年少児)の学年の魅力、保育をしていて楽しいと思うところ

昨年度、担任をしていて楽しいなって思うところはどんなところですか?

年少さんは『できた!!』っていう体験が他の学年に比べるとすごく多いかなって思います。
体操にしても、最初はちょっとずつ積み重ねて色々なことが出来たり、ひらがななども最初は全く読めないところから1つまた1つって読める文字が増えたり・・・。

できたことが目に見えて増えたり、その『できた』っていう体験を一緒に共有できるっていうのが魅力ですね。
幼稚園で初めて体験することが多いお子さんも多いと思います。製作や行事なども初めてすることもたくさんあったりするのでその初めてを一緒に共有できる楽しみのひとつですね!

幼稚園になると今までの生活と変わって、色々な経験が増えますもんね。うちの息子も年少さんになってたくさんの初めてを先生たちに経験させてもらいました。

こどもたちと一緒になにかできたって喜び合える時間がすごく好きで楽しかったですね(^O^)
『せんせーできたー!!』って嬉しそうにしているこどもたちの顔を見るとこの仕事のやりがいを感じますね!!

年少さんの魅力を語ってくれた山田先生!

次回はどんな話が聞けるかな?

保育士という仕事の魅力がみなさまに伝わればうれしいです!

写真:髙久 尚貴

インタビュー、ライティング:新井 弾

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事