1. HOME
  2. ブログ
  3. 浦郷 那菜先生(保育士3年目年長児担任)に聞いてみた!後編~実習の時の思い出 先輩の声かけが不安な気持ちをなくしてくれた 今こどもと接するうえで大切にしている想い~

浦郷 那菜先生(保育士3年目年長児担任)に聞いてみた!後編~実習の時の思い出 先輩の声かけが不安な気持ちをなくしてくれた 今こどもと接するうえで大切にしている想い~

保育士という仕事の素晴らしさや魅力を、いろいろな方にお伝えしたい!!

そんな思いから、ふじおか幼稚園で働いている先生たちにインタビューしました♪

楽しい話や深い話、面白エピソードなど・・・。

日々、こどもと関わっている先生だからこそのお話をインタビュー形式で紹介します!

前回に引き続き、浦郷先生にインタビューしました!

●実習の時の話

今、ふじおか幼稚園に実習生がたくさん来ているので浦郷先生が実習の時の話が聞けたらおもしろいかなって思って初めてこの項目を入れてみました(^-^)
先生はふじおか幼稚園に実習に来たんですよね?

そうです!ふじおか幼稚園に実習に来させていただきました。
緊張していたことだけは覚えているんですが・・・

緊張しますよね(>_<)
責任実習はなにをしましたか?

責任実習は年中さんで行ったんですが、紙皿にキャラクターの絵を描いてフリスビーを作って飛ばしてあそびました!!

製作をやったんですね。なぜその活動を選んだとか理由はありますか?

製作してあそぶっていう流れをやりたいなって思いがありました。作って終わりじゃなく、何度もあそべて簡単に誰でも作れるものをっていう考えがあったのでこの活動にしました!すごく緊張しながらやった思い出がありますね。

今だから思う事ですが、当時はひとつひとつ手順を伝えながらやりました。でもこどもたちは全部を伝えなくても出来る部分があったり、『チャレンジしてみる』という部分が実習生の時は出来なかったなって思います。
こどもたちを信じてやらせてあげることもすごく大事なんだなって今だから振り返れる部分なのかなって思いますね!
実習の時は毎日先生方やこどもたちについていくのが必死だったので・・・(笑)

実際に保育士として働いてみて振り返れる部分もたくさんありますもんね。
やっぱり外から見ていて先生たちはすごいなって本当に思います。
実習の時に心がけていたことはありますか?

今も大切にしていますが、どんなときも元気よく挨拶をするっていうのは心がけていました。あとは笑顔でいることですね(^O^)

実習をしてうれしかったこととかってありますか?

実習中はこれでいいのかなって不安や緊張の毎日でした。
ですが、実習に入っていたお部屋の先生が気さくに声をかけてきてくれてそのことがすごくうれしかったです!他の先生方もわからないことや質問したことにもすごく丁寧に答えてくれて。
そのことがあってこういった先生方がたくさんいる園で一緒に仕事がしたいって思ったのがきっかけでふじおか幼稚園に就職を決めました(^O^)

●こどもと接するうえで、大切にしていることは?

こどもと接するうえで大切にしていることはなんですか?

こどもたちと近い距離でいることはすごく大切ですが、その中でも『ありがとう』や『お願いします』『ごめんね』など相手を思いやる気持ちは大切にしています。

すごく大切ですね。親しき中にも礼儀ありじゃないですが、そういった言葉をきちんと表現することは大人になっても大事になってきますからね!

日頃からこどもたちにも伝えている事だったので、私自身はあまり意識していなかったのですが、先輩の先生に『つき組のこどもたちはありがとうなどがきちんと言えてすごいね』って言っていただいたのはとてもうれしく、日頃の関りが間違ってなかったんだなって思い、自信につながりました!

周りの先生方がそうやって思ってくれるってうれしいですよね!自信にもなりますし、これからも大切にしていってほしいところですね(^O^)

懐かしい実習の時の話や大切にしていることを話してくれた浦郷先生!

インタビュー中もいつもと変わらない明るい雰囲気で答えてくれました(^-^)

保育士という仕事の魅力がみなさまに伝わればうれしいです!

写真:髙久 尚貴

インタビュー、ライティング:新井 弾

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事